2009年10月24日 (土)

猫のかんちゃん 平成21年10月天国に・・・

猫のかんちゃん。。。元気にあそんでくれていたのですが、時折大きく息をするようになっていました。。
きっと歳をとっただからだろうと思っていたのですが、ある日、あきらかに大きな呼吸をするようになったのと
玄関からほとんど動かない状況になりました。。。。これはおかしいということで動物病院へつれていくと
「これは呼吸が苦しいときの状況ですね。今すぐ酸素濃度を高めた部屋に入院しましょう」
と言われ、そのまま動物病院のケージのなかへ・・・。

次の日動物病院にいくと・・・・「最初の日はレントゲン見てもわからなったのですが・・・・ここに何かうつっているのが
わかりますか?腫瘍です。 かんちゃんは末期の肺がんで、抗がん剤をうつと命を落としかねないです。
と言われたのです。ええ・・・・!!
それからというもの、毎日2回、妻がお見舞いに行ってくれました。(片道自転車で20分の道のり)

そして・・・安楽死を好まないと明言されていた動物病院の方の「昨夜もみてましたが本当に苦しそうです。ご家族の判断で(安楽死を)準備しますので一度話しあってくださいということでした。

まだ生きてるし、にゃーともなくなかで・・・・呼吸はだんだん苦しそうにしているのがわかるため・・・・
どうしようか家でいっぱい議論しました。その結果、夕方に動物病院を訪れ、
「お願いします。(安楽死)」「了解しました」


そして、10月21日 亡くなりました。
さようならかんちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

かんちゃんの写真でモブログテスト

かんちゃんの写真でモブログテスト

気持ち良いって言いたいのでしょうか、この格好。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫のサラちゃんのご紹介

2匹目の猫をご紹介します。名前は「サラ」といいます。 サラと出会ったのは、2004年6月27日。海の近くで夜景を見ていたときに 寄ってきました。片方の前足をしっかり地面につけることができず、 後ろ足もケガしているようでしたので、連れて帰ってきました。 それから、サラが家族として加わりました・・・・。
Dv0075 Dv0076 Dv0079



初めは心配かけたにゃ。
サラを見つけてけがしているようだったので、連れて帰ってきた後、動物病院に連れて行ったら 前足は化膿する可能性がある状態にあることがわかりました。どうも、けんかによるケガのようです。 でも、今では走ることができるようになりました。


ボクはおすだにゃ。
暗闇で確認したせいか、最初メスだとばかり思っていたけど、実はオスだったのでした。 顔はかわいいですが・・・。


かん兄ちゃんに突進だにゃ。
何を思ったのか、突然、かんちゃんにジャンプしながら飛びかったりしてます。かんちゃんに ストレスを与えてないか心配です。


どれが自分の「えさ」かなんて関係ないにゃ。
ちゃんと、「かんちゃん」とは別の容器にえさを用意しておいたのに、かんちゃんの えさを食べてたりします。せっかくサラ専用の容器を用意したいのにぃ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫のかんちゃんのご紹介

うちで飼っている猫をご紹介します。名前は「かん」といいます。 かんと出会ったのは、1996年3月15日。ペットショップで「もらってください」 と書かれたオリの中にいました。以来、常に一緒にいる家族の一員です。

Dscn0641 Dscn0642 Dscn0644
Dscn1072 Dscn1074 Dscn1076


ダッシュだにゃ。
一日に一回必ずあるのが、全力ダッシュ。猫は必ずダッシュするそうですが、うちのかんちゃんも ダッシュします。それが、夜中だと最悪。ドタドタと音をたてて、大変です。でも、 それでストレスが発散されるのなら、まあ、いいか。

お風呂の水が一番だにゃ。
きれいな水をあげても、お風呂の残り湯を飲みに行くみたいです。 どうしてだろう。どんな入浴剤を使っていても、OKみたいです。 最近は、きれいな水も飲めるようになりました。以前は、残り湯をわざわざあげてましたよ。

玄関のすきまはみのがさないにゃ。
家の中で飼っているんですが、外出先から帰ってきて玄関を開けた途端、 猛ダッシュで、玄関の隙間をすり抜けて外へ出ていってしまうときがあります。 走って追いかけるのですが、つかまえられるのは運が良い時だけ。 猫ってすばっしっこくて、動きが敏捷ですね。

ビニール袋も食べちゃうにゃ。
猫は、毛繕いするので、ときどき、庭の草をたべさせてやってます。 (それで胃の中の毛玉をからめて出すそうです。)ところが、知らない間に ビニール製の買い物袋の持ち手のところを、カミカミして食いちぎってしまう時が あります。草が足りなかった時にそういうことをしてしまうみたいです。

わがままな寂しがりやだにゃ。
群れをなして過ごす動物じゃないので、ひとりでいるときが多いですが、 ときどき、顔をすりすり足にこすりつけてきます。そんなときは次のような意味です。 「えさがないにゃ」「水がないにゃ」「かゆいにゃ」「さわってほしいにゃ」。 ときには、ひとりが好きなくせに、ときには構って欲しいっていってくる。本当に わがままなやつです。

賢いにゃ?
子供も家の中にいるのですが、危害を加えたことはありませんね。 当然、猫というのはもとは猛獣なのですから注意してますが、 襲うようなそぶりを見せたことはないです。そういった点では、家族が 大事にしているものには手をださないし、賢いのでしょうかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)