2009年10月24日 (土)

次男は平成21年5月に天国に・・・

このブログを書いているときにはまさかこんなことになるとは思ってもみませんでした。

ある病にかかり、闘病生活2年半。最後は肺炎で亡くなりました。
本当によく頑張った。。。。さようなら。次男。ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

次男 年中の運動会でした。

今日は、次男の年中の運動会でした。ここのところ1ヶ月、土曜日、日曜日に確実に休みが取れるとはかぎらないなかで、たまたま今回運動会の今日は休みだったので、運動会に行ってきました。

いやー、大きくなったなあって思いました。(身長は低いですが・・・・)
組体操があったのですが、その中でいわゆるピラミッド。なんと下の段の役じゃありませんか。身長からいえば、当然一番上のはずなのに、下だったのでびっくり。
大丈夫かなあと思ってみていると・・・ちゃんと前を向いて四つんばいになり、
しっかりやり遂げました。

他にも笛の合図できびきびと動いていて、それは今まで見せたことのない次男の真剣な姿。大きくなったなあと、少し感動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

次男の語録集、追加したよ。

久々に次男の語録集を追加しました。下のリンクで見てください。
次男って 語録集「よいこ編」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

次男のおむつが取れた日

平成17年2月上旬。4月から園に入園するのに、おむつが取れないとあせっていた親たちでしたが、 わずか3日間のトイレットトレーニング(トイレトレーニング、トイトレとも言いますね。) でおむつがとれました。女房から聞いたその3日間とその後について書きます。

トイトレ1日目「はっちゃんのところに持っていくぅ。」

お兄ちゃんのパンツをたまたま見た次男が、パンツにすごく興味を示しました。NHK教育で やっている「ぱんくろう」も好きな次男でしたので、パンツというものはどうもあこがれ だったようです。その興味をうまく使い、1日目はまず興味津々のパンツに替えてあげました。 トレーニングパンツではなく、普通のパンツです。 案の定、おむつにするようにおしっこをジャー。「パンツぬれちゃったねぇ。着替えようか?じゃあ、 はっちゃんのところに持っていってね。」洗濯機の横に、はっちゃんの絵を女房が紙に書いて貼りました。 「はっちゃん」とは「ぱんくろう」の中で出てくる洗濯機のキャラクターの名前。 「はっちゃんのところに持っていくね。」ぬれたパンツを洗濯機に自分で持っていく次男でした。 しかし、再びジャー。その日は、何度もパンツを替えました。 そして、あるときは濡れたままのパンツをはかせておいて、おしっこをパンツにすると 気持ち悪いということをわからせてあげました。(ただ、初めのうちは濡れていても 気にしないようでした。)

トイトレ2日目「おしっこ出るぅ。」

昨日に引き続き、パンツをはいた次男。またまたおしっこで濡らしてしまいました。 だんだん、濡れたパンツというものが、イヤになってきた次男。 でも、再びパンツの中でおしっこをしてしまいます。 (あとで聞いてみると1日に10数回、パンツを濡らしたそうです。) 何度もおしっこをするので、今度は「もうパンツ全部ぬれちゃったよ。 しばらくパンツをはかないでおこうね。」ということで、 パンツなしで過ごさせました。さすがに、パンツなしでおしっこをするのは嫌なのか、 「おしっこ出るぅ」と言い出しました。「じゃあ、トイレさまのところに行こうね。」 「ぱんくろう」のトイレのキャラクター「トイレさま」を借りて、トイレに行くことを 教えました。トイレに何度も行きました。 「おしっこ出るぅ」と言っても、必ず出るわけではなかったです。でも、「えらかったね。 よく言えたね。すごーい。」と褒め続けました。

トイトレ3日目「うんこ出る」

布団をおしっこでぬらした次男。朝から、はっちゃんのところにパンツを持っていきました。 3日目になって、だいぶ「おしっこ出るぅ」と言ったときは必ずおしっこが出るように なりました。それでも、まだパンツの中にすることもありました。 ただ、おしっこの間隔が長くなったので、トレーニングパンツにはきかえました。 「あー、トイレさまが泣いているよ。なんで、僕のところに来てくれないのかって。」 おしっこ=トイレでするものと言うのが定着しはじめました。そして、うんこを 出そうとしたとき(見ているとわかるのです。うんこを踏ん張っている顔っていうのは。) 「トイレに行こうね」と教えました。そして、うんこをするときもトイレに行くようになりました。

トイトレ その後

あの怒涛の3日間から2週間ほど経ちましたが、今はほとんどパンツの中ではしなくなりました。 これなら、園に入園できそうです。洗濯機に貼ってあった「はっちゃん」の絵もはがしました。もう その絵がなくても、洗濯機に持っていけるようになりました。 トイレの便座にも自分で座れるようになりましたよ。便座には自分で座りたいと言い出したのです。 この歳になると何でも自分でやってみたくなるという気持ちが芽生えるのですね。 親が心配しなくても子供はちゃんと成長しているんだと感じました。 (もちろん、足元には踏み台。便座の上は常にオマルからとった子供用の便座が必要ですが・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次男って「好きな本」

マイペース~~な次男。 お兄ちゃんの影響で、2才を過ぎてから(やっと?)絵本好きに。 読んでもらう時は、必ずお母さんかお父さんのひざの上。 (こちらは、読んでもらえれば、誰でもOK) 字の少ない絵本が多いですが、一緒に声を出して読んだり、なでなでしたり、抱きしめたり・・・ この子なりに何か感じているんだなあといつも驚かされます。 お気に入りの本は、連続して何回も読んでとせがみます。 好きな絵本のジャンルは、動物など(H16年3月)

とってください
(福知伸夫 作)
版画ならではの味と温もりのある絵本です。 「お猿さんリンゴをとってください」小さな亀さんは、高い木には登れないので、 みんなに頼んで木の上のものを取ってもらいます。そのたびに亀さんは「ありがとう」、次男も一緒に頭をぺこっ。 何度も「読んで」とせがまれた1冊です。(H16年2月)
こんにちは どうぶつたち
(とだきょうこ 案  さとうあきら 写真)
ページをめくると、右ページいっぱいに、動物の顔のアップ写真があって、 本当にすぐそばにゴリラやコアラ、チーターたちがいるような 感じがします。 その写真の中の動物さんに「こんにちは ゴリラさん」と (お母さんが)言って、次男は頭をぺこっ。そして、ゴリラさんの頭をなでなで。 まだ、「こんにちは」が言えず、「うっ。うっ。」と言っていますが、 ライオンのページでは自分から「ガオッー」と挨拶しています。(H16年2月)
みんなでおはよう
(ナンシ-・タフリ 作、当麻ゆか 訳)
コケコッコー!!にわとりさんの鳴き声で、ちいさなひよこたちは、目を覚ましました。 おかあさんのもとを離れて、外へ飛び出します。ぶたさん、ブーブー、おはよう。 いぬはワンワン、ねこがニャー。農場に、いろんな動物たちの鳴き声が、 飛び交います。あっ、ねこがねずみを見つけたよ、おいかけっこしているね。 ページをめくるたびに、ねことねずみが、どこにいるのか、 さがして、見つけて、喜んでいます。お母さんが「ニャーニャーはどこ?」と 聞くと、ニコ~ッと笑って、うれしそうにさがしだします。 次男の場合、書かれている文をそのまま読むという読み方は、 まだまだついていけないようです。なので、この絵本のように、字のほとんどないものや、絵だけのもののほうが、 お母さんには読みやすく、次男も楽しめるようです。(H16年2月)
さがしてさがして みんなでさがして
(ナンシー・タフリ さく  とうまゆか やく)
ひよこが1羽いなくなってしまいました。かあさんガモは心配で、池の仲間にたずねます。 「うちのこ、みかけませんでしたか」 鳥に、かめに、ビーバーに、だれに聞いても分かりません。 でも、よーく見てみると、まいごのひよこは、すぐそこで遊んでいます。 次男の好きな、さがす絵本です。 「みんなでおはよう」同様、字も少なく、動物たちが大きくはっきりと描かれていて、 とてもかわいらしい絵本です。 絶版の為、購入は出来ないので、図書館で借りて読んでいます。(H16年3月)
かさ さしてあげるね
(はせがわせつこ ぶん  にしまきかやこ え)
「ぞうさんの せなかに あめが ふる   ピッチャン パッチャン  ピッチャン パッチャン」 「かさ さして あげるね」 男の子が、ぞう、きりん、ありのためにかさをさしてあげます。 かさが好きで、どこへ行くにもいつも持ち歩いていた次男にと思って購入したのですが、 それよりも「ピッチャン パッチャン」「ピロリン ポロリン」「ピピ ポポ」など、音に魅かれているようです。 その後、音の絵本を多く読むきっかけになった1冊です。(H16年2月)
ここよ ここよ
(かんざわとしこ ぶん  やぶうちまさゆき え)
「どこにいるの コアラのあかちゃん」 「ここよ ここよ かあさんにおんぶよ」 おかあさんにくっついているあかちゃんはどこにいるかな? 次男は一生懸命さがします。 特にお気に入りは、ペンギンのあかちゃん。 おかあさんの足の間からちょこんと顔を出していて、とてもかわいいのです。 この絵本を読むと、その後しばらくペンギンのページをひらいて、 「うっ。うっ」と言いながら、ペンギンのあかちゃんを指差して、 みんなに教えていました。お兄ちゃんも「かわいいねぇ」と、うなずいていましたよ。(H16年3月)
もう おきるかな
(まつのまさこ ぶん  やぶうちまさゆき え)
次男お気に入りの、やぶうちさんの絵です。 1ページ目でよ~く寝ていたねこさんが、2ページ目で、あっ、起きたよ。 背のびしているね。次男は「おはよう」と、頭をペコリ。 この絵本も、よく読みました。(H16年3月)
これしってるよ:どうぶつ
(多田ヒロシ)
字のない絵本です。 いろんな動物の絵が、はっきりときれいな色使いで描かれています。 動物園にいるような感じです。 あれっ、よく見るとてんとうむしさんが、あそびにきてるよ。 どこにいるかなぁ~? にこにこしながらさがす次男。 夜、読んだ後、枕もとに持って行って一緒に寝ます。 朝、起きる時、この絵本をしっかり持って、「おはよう」と起きて来ます。(H16年3月)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次男って「好きなもの」

とぼとぼと歩きます。階段も登ります。段差も降ります。もう怖いもの無しの活動派。そして、 そんな次男は親にとっては恐怖です。(おーい。どこに行くの?) そんな次男が好きなものたちです。

次男の好きなもの
好きなもの 説明
風の谷のナウシカ この前、ビデオテープを中古で買ってあげたらほとんど毎日見てます。 (平成17年5月)
棒切れ 散歩に行くと、棒切れを見つけては手に持ち振り回してます。 (平成17年5月)
携帯電話のおもちゃ どうも親が使っている携帯電話に興味があるようで、携帯電話のおもちゃを 絶対手放してくれないときがあるぐらいです。(平成17年1月)
ポケモンの財布 首から下げて、ときどき持ち歩いています。(平成17年1月)
磁石 磁石がくっついたり、離れたりがおもしろうようで、それだけで30分ぐらい遊びます。(平成16年2月)
動物 猫を飼っているからか、お友達のうちに行っても、ハムスターなどがいても、怖がらず エサを与えたりします。(平成16年2月)
とうとうこれに興味を持つ時期になりました。興味を持ってくれるのはいいんですけど・・・・次男よ、 家の中で靴を履くのは、海外で生活するときだけにしてくれよ~!(平成15年10月)
スプーン ご飯を食べ始めるといつもこれを手にもちます。でも、スプーンは使わないんですよ。 手が出ちゃうんですねぇ。ま、興味を示してくれているので、持たせてます。
お兄ちゃんの運動会でもらったメダル 朝起きたら、メダルを首にかけて・・・。しばらくしたら取って・・・。 またしばらくしたら首にかけて・・・。今度は取れない~って泣き出す。 最近、一日のうち3分の1ぐらいは首にかけてます。(笑)
CDラジカセ 女房がCDをかけるとどこにいても必ずCDラジカセの近くにやってきて、必ずCDをブチッと 止めて中からCDを取り出し、「アッ」と言いながら女房に渡してきます。渡されたCDは後で元に戻すのですが しばらくして聞こうとすると今度は聞けない!よくよく見てみると今度はCDがない!探してみるとなぜか必ず ゴミ箱の中に入ってます・・・。(ときには女房に渡すのに、ときには捨てる・・・う~ん、何を考えてるんだろう。 たぶん、何も考えてないんだろうけどねぇ)
イチゴをつぶして練乳をかけたもの どんなにぐずっていてもこれを出すとペロリと平らげて(食べてるときは静かになるんです。)、 そこで親は一安心するのですが、食べ終わると、思い出して泣き出します。(なぜ・・・?)
テレビの”砂嵐” チャンネルを変えるのが好きなんですが、変えていると たまに”砂嵐”の画面になるときがあります。 そんなとき、「アッ~!」と言って画面に指を差して喜んでます。
仮面ライダー1号のソフビ(ソフトビニール人形) お兄ちゃんの持っているライダーソフビの中でもなぜか これだけがお気に入りで、取り上げると泣いて怒っちゃいます。 似たようなのがたくさんあるのになぜ1号だけなのか、 お兄ちゃんも不思議がっています。
「いないいないばぁ」の仕掛け絵本 自分で「ばぁ」といいながらめくって喜んでます。
国会答弁の番組、あるいは教育テレビの番組 最近、チャンネルを替えるのが楽しいらしく、よく替えてます。それで、気がつくと 国会答弁の番組だったり、「ブロイラー農家の・・・」なんてことをやってる教育テレビの 番組だったりする。なぜ、それが好き?
白いご飯 白ご飯だけでも、満足するみたい。 パクパク食べてますよ。日本人だねぇ~。当たり前か。
プルーン”お通じ”に良いらしいこの果物を 毎日好んで食べてます。
納豆Kozuはだいぶ大きくなってから 初めて口にしたのに、次男はもう大好物。
「おかあさんといっしょ」の『たからもの』という歌お兄ちゃんが好きで 歌っているのを聞いていて、僕も好きになっちゃったよ。
プリングルスのCMのひげおやじひげおやじといえば夜の お父さんもそうだけど、このCMのひげおやじは特別みたい。
「おもちゃのチャチャチャ」って曲お兄ちゃんの保育参観で歌ってくれてから、最近ぐずったときに この曲を歌うとたちまち笑い出します。
ボールドのCMなんで、柔軟剤入り洗剤のCMに反応してじっと見入るんだろうか?
ヴィダルサスーンのCMの女の人&SK2のCMの桃井かおりいくら騒いでいても静かになります。不思議。
死んだ振りをしたお母さん & 長男との戦いごっこで敗れ倒れた振りをしたお母さんお兄ちゃんとのハリケンジャーごっこで負けて倒れたお母さんを見るとニコニコ寄ってきて、心配しているのか、髪の毛を引っ張って生きているか確かめるのが楽しいらしい。
猫のかんちゃんどんなに機嫌が悪くても目の前をかんちゃんが通ればたちまちニッコリ。後を付いて行こうとします。
皿をひっくり返すこと。食事のとき、ひっくり返してこぼしたのを食べようとします。
食事のとき、親の箸を握りしめて楽しんでおります。
コップ小さいコップ、握りしめて楽しんでおります。 もちろん注意が必要ですから、親が近くにいるときだけね。
歩行器にお兄ちゃんが貼ったシールじっと見つめてしまいます。
お兄ちゃん当たり前ですかね。 もちろん、お母さんもね。あ、それからお風呂にいれる時のお父さんもね。それ以外のお父さんは??
"ニンっ”と、言うと必ず笑います。なぜだろう。
引き出しの金具がちゃがちゃいうのが良いらしい。
ビニール袋がしゃがしゃいうのが良いらしい。
逆さに見た人の顔逆さに見てるなら、相手が怒っていたほうが機嫌がいいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次男って 「語録集 よいこ編」

次男も幼稚園に入り、少しずつですがお話もできるようになって来ました。
これからゆっくりとこの子の成長を見守っていきたいと思います。
次男の語録集「よいこ」編です。

次男の語録集 「よいこ」編
言葉 説明
モモンガNew! 長男は今、九九を勉強中。「にいちがに。ににんがし。にさんがろく。・・・・」それを聞いた次男君。 「ももんがろくぅ~」。(平成18年4月)
ルパン?New! 長男にあることについて意見を求めていました・・・。そうしたら長男曰く「賛成~!!」。それを聞いた次男、何を言うと思いきや・・・「僕はルパン三世~」。あのぉ~。ワルサーP38を買ってとは言わないでね。(平成18年4月)
もう夜なんだから・・・ 全くお風呂に入ろうとしないので、一言怒りました。「早くおふろに入りなさい!!」それに対していつもはごめんなさいって言って お風呂に行く次男ですが、その日は違いました。「もうー、夜なんだから大きな声で怒っちゃいかんよぉ」いつの間に そんな口答えができるようになったのか・・・・。成長したんだねぇ。(平成17年10月)
大きくなったら 子供に対してよく聞く例の質問を次男にしてみました。「大きくなったら何になりたい?」 それに対する次男の答え。「うーん、いちねんせい」・・・・・た、たぶんなれると思うよ。(笑) (どうも、ランドセルをしょっていたり、学習机を持っている長男がうらやましいらしい。)(平成17年10月)
落下物? 家族でドライブをしていたときのこと。「ほら、あの看板みて、動物注意って書いてあるよ。」そして次に見えた 看板について女房が話しました。「あれはねぇ、落下物注意!」それを聞いていた次男いわく「かぶと注意?」・・・・ カブトムシがいたら確かに注意はしたいねぇ。轢きたくはないもんなあ。(平成17年10月)
小さくなる・・・ お母さんが作った料理を目の前にして、一言。「えーとねぇ。ご飯をねぇ、食べるとねぇ大きくなるんだよ。」 (そうだねぇ。大きくなるねぇ・・・・)「えーとねぇ。でも、これを食べると小さくなるんだよ」 (????) 自分の嫌いな汁物を指差して食べると小さくなるという次男でした。(爆)
きのこの骨 えのき茸を入れた味噌汁を飲んだ次男が一言。「これ、きのこの骨!」・・・・えのきはきのこの骨だそうです。(笑)
お花! 次男にKozuから問題を出しました。「これはなーに?」 次男の答えは「牛乳!」・・・・「正解、ではこれはなーに?」「お花!」(ん?!なんでお花・・・・おや~ コップが正解って言おうと思ったら、確かにこのコップ、横にお花の柄がついているねっ。 大人にはコップしか見えなかったけど、お前はお花に先に目が行くんだね。) 「大正解~。」(パチパチパチ)
3つだよ。 次男に質問しました。「靴下はいくつある?」それに対する次男の自信に満ち満ちた回答。「3つだよ」 「・・・・・・・(お前、真ん中の足、もうそんなに成長したのかぁ・・・・)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次男って「語録集 めばえ編」

やっと会話ができるようになってから(平成16年6月)、 今は3語で文を作り会話することが多くなりました。でも一言だけ言うことも多いです。(笑)(平成16年8月)

次男の語録集 「めばえ」編
言葉 意味
何それ? 女房と次男とがKozuのことを話していました。以下、そのときの会話です。 「・・・・・・なのはお父さんだよ。」という女房の発言に対する次男様の言葉。「何、それ?」・・・・・Kozuはモノですか? モノでもいいです。壊さないで大事にしてください。(泣)(平成17年2月)
・・・のおうち この冬一番の冷え込みだった朝、雪が降り積もりうちもご近所も屋根や地面一面雪がつもりました。 次男が朝起きて外を見てこんなことを言いました。「お母さん、なんかお砂糖のおうちがあるよ。」 白いのを見てお砂糖のおうちと表現するところがかわいいなあ。(平成17年2月)
お月さまだぁ。 次男が何かを食べようと、手に取ったときに言った言葉。「お月さま」、「お月さまに似てるね。」と 言いました。次男の手を見てみると”バナナ”を持ってました。自分がバナナを見てもお月さまには 見えないんだよなぁ。ここでも、次男の「お月さま」好きが出ましたね。 (平成17年1月)
おまえは、待っとれぇ。 長男の友達と遊ぶ機会が増え、いろんな言葉を話すようになりました。仕事から帰ったKozuは 次男と一緒にお風呂に入ろうとすると、最近次男から「おまえは、待っとれぇ。」とよく言われます。 服を脱ぐのを自分でやりたい・・手伝ってほしくないってことのようです。結構、汚い言葉も話せるように なりました。お父さんは嬉しいよぉ(泣)。 (平成17年1月)
お月さま、ご飯、食べたかなぁ いまだに、3語文なのですが・・・。最近、次男は月が好きなようで、お月様を見つけるたびに「あ、お月さまだぁ」と言います。 この前もお月見したところですが、月を見て「お月さま、ご飯食べたかなぁ」と言ったときにはビックリしました。で、Kozuはこう返事しました。 「ん?そうだねぇ。もう食べたんじゃないかなぁ。あんなに光ってるもんね。」 (平成16年10月)
あかない 文字通りの意味。ジュースのふた等を自分で開けたがるのですが、開けられないときに”あかない”と言います。 ”あかない”のイントネーションが面白くて、例えると北海道の地名である”稚内”を話すイントネーションと同じです。 (平成16年8月)
おかーちゃん とうとう、「おかあさん」と呼ぶようになりました。でも、まだ「おかーちゃん」ですけどね。 その他、今は、2語文とか、3語文を話しています。 (平成16年7月)
かーぱん 「かーぱん」「かーぱん」・・・。毎日何度も聞くこの言葉。かーぱんとは「母さん」のこと。「おかあさん」と 何度話しても「かーぱん」です。 (平成16年6月)
とーちゃん なーんか、昔の子どもがお父さんを呼ぶみたいな感じ。「とーちゃん」ですから、読んで字のごとく「父ちゃん」、そう、Kozuを 呼ぶときにこう言います。 (平成16年6月)
ここ~? 読んで字のごとく、ここ(で良いのぉ?)という意味を指します。この1、2週間でめざましい成長ぶりを見せています。 ここ~?と言って、親に聞いてくる会話ができるようになったんです。うれしいですね。 (平成16年4月)
んこ これを見たら当然、う○こだとお思いかもしれませんが、実は違います。(それは、ちゃんとう○こと言うように なりました。)「んこ」とは、蟻のことなのです。「ありんこだね」と教えていたら、その中の「んこ」だけ 覚えました。(笑) (平成16年4月)
んと~ 絵本を読んでいるときに、ある虫の絵を見つけて「んと~!」。散歩していて、これまたある虫を見つけて 「んと~!」。「んと~」とは「てんとうむし」のこと。 (平成16年4月)
な~むぅ~ 次男の名前を呼ぶと「な~むぅ~」と返事をするようになりました。これは長男の「な~にぃ~?」を まねて覚えたようです。 (平成16年2月)
べー 怒られたときに、アカンベーをするつもりで、「ベー」と言いながら、なぜか鼻の下を伸ばします。 (舌をだすところまではできないみたい。)これは、長男の行動から学んだみたいです。 (平成16年2月)
わわ 「○○しなさい」と言って、「わわ」と言ったら「イヤだ」と言う意味です。「いやわ」との違いはありません。(笑) (平成16年2月)
いやわ 親の言っていることがわかるようになるとともに、かなり自己主張が強くなってきました。「○○しなさい」と言うと、「いやわ」と嫌がります。 (平成16年2月)
かー 母親のことを「おかあさん」ではなく「かー」というときがあります。(からすじゃないぞぉ) (平成16年2月)
まま 母親のことを「おかあさん」ではなく「まま」というときがあります。 (平成16年2月)
やっとお母さんのことを指す言葉が生まれました。「あ」はお母さんを指してます。(爆) (平成15年12月)
とっと いまだにお母さんのことを明確には呼べないけど、Kozuのことはこのように呼びます。「とっと」は お父さんを指してます。 (平成15年11月)
一文字だけで済ますことが多い次男(笑)。この「こ」はコップを取って欲しいときに言います。 (平成15年11月)
かんくん 「ペットって」にも登場するうちの飼い猫「かんちゃん」のことを、礼儀正しく「かん君」と呼んでます。 (平成15年10月)
あ~い 言わずと知れた返事ですね。「は~い」と言いたいんだろうけど、まだ「あ~い」としか言えません。 それと必ずこの返事をするときは、片手を挙げて言ってます。 でもこの返事を聞けるのは次のように質問をしたときのみなのが不思議・・・「牛乳を飲みたい人ぉ?」。これがたとえば 「牛乳を飲みたい人は手を挙げてください。」と言っても「あ~い」とは言ってくれないんです。 (平成15年10月)
かかぁ なぜ、この言葉がこの意味を表すのかわからないのですが、次のような意味があるようです。語源がわかるなら大きくなった 時に聞いてみたい・・・。 1.電車、2.電灯 (平成15年9月)
かかかぁ 「かかぁ」と少しだけ違うだけなのに、これだけは「新幹線」を指します。 (平成15年9月)
ひこ~き 飛行機のことを指差して言うので言葉を覚えてきたなあと思ったら、スーパーで天井からつってある魚の模型にも「ひこ~き」 看板に描かれている鳥の絵にも「ひこ~き」、空に浮かぶ雲を指差して「ひこ~き」、しまいには図鑑の魚を指差して「ひこ~き」。 総合すると1.飛行機、2.魚、3.鳥、4.ねぇねぇ見てみて。の4つの意味があるようです。 (平成15年8月)
とぉ~ 「とぉ~」で飛行機のことを意味しているみたいです。 (平成15年7月下旬)
わんわん 当たり前なんですが・・・・・・犬です。 (平成15年6月中旬)
あうあー やっと新しい言葉を言い出しました。特に夜眠れないときに話すこの言葉の意味は、 「おかあさん」っていう意味です。「おとうさん」はいつ呼んでくれるのでしょう。(笑) (平成15年5月下旬)
まんまん 1.ご飯が欲しいっていう意味。2.スプーンをくれっていう意味。3.箸をくれっていう意味。 (まだ使えませんよ。スプーンと箸。)4.お兄ちゃんの持っているものをよこせっていう意味。 (もう、自己主張しだしたなあ。)
うっ 「ちょーだいっ」っていう意味。(片手を親に差し出しながら言った場合)
うっ 「はい、これ食べて」っていう意味。(お菓子を親に差し出しながら言った場合)
うっ 「はい、これ持って」っていう意味。(スプーンや箸などを親に差し出しながら言った場合)
うっ 「これでおしゃべりのまねして!」っていう意味。(人形をもって親に差し出しながら言った場合)
うっ 「もしもし」っていう意味。(受話器のおもちゃ片手に言った場合)
ばー 親が「いないいない?」って言うと、小さな声で「ばー」と言いました。これが 初めて会話として成り立った言葉です。(2003年1月15日)
まーま おっぱいのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)